Fender Stratcasterに中華の怪しいネックを付けて1年が経ったよ!

※後述しますが、あまりオススメしません。

取り付け直後の状態。

フレットの擦り切れたギター、AliexpressでFender互換ネックを買えば復活するかもしれませんよ、という話。

経緯

もともと自宅には15年ほど前のFender Japan製のストラトキャスターがあり、丁寧に使ってはいたものの経年劣化でフレットの目減りが明らかになってきました。
一般にフレットの目減りは「すり合わせ」と「打ち直し」の2種類の対応策があり、前者は物理的に低いところに合わせてフレットを削るため、触った感覚が明らかに変わり、あまり大げさなフレットの減りに対しては有効ではありません。
対して、打ち直しの場合はどのような工房に頼むとしても3万円以上掛かり、そこまでくると安いギターには買い直しという選択肢が突きつけられます。

そうだ、Aliexpressで買おう

でも、中華ギターってひどい木目の安いギターのイメージがあるよね……
とはいえダメ元で「Guitar Neck」というキーワードで検索すると交換用ネックが出るわ出るわ。

ネック、ペグ、ストリングガイドを購入。しめて1.2万円

FLEORという中華ブランド?のモノを選んだだめか今回無事に取り付けできましたが、中華ネック自体は安くは5000円未満のモノまであります。
一緒にペグも買ってみたのですがこれはゴミです。ゴトーを買いましょう。

中華製ネックの悪いところ

とりあえず良いところ。

  • 寸法精度は嘘付いてなかった
  • すり合わせが不要なほど綺麗な指板とフレットのレベル
  • 木目は中華ギターにありがちな汚い線が見えず、塗装もそれなりにマトモに見える

写真が現物(THE・撮影って感じで工場っぽい所の写真)だったので多くの場合はその同等品が届く所が多いのかな。
で、悪い所は……

  • フレットのバリ(両脇の処理不足)
  • ネックエンドが長すぎるからFender Japan規格にポン付けできない

この2点ですが意外と厄介で、バリを削るにも結構キワキワの所でカットされていたので、両端を丸めた所すこし指板に比べてフレットの打点が小さくなってしまいました。雑にフレットを握るとたまに弦落ちします。
もう一つの現物合わせ問題ですが、思ったよりひどく下記の写真のような状態でした。

22フレットツバだしだから大体こんなもんか~って思って買ったらこの状態。マジかよ

Quality 22 Frets Maple Neck Guitar Neck For FD Strat Style Guitar って書かれてるのにこのザマなので、ネック幅が合っててもネックポケットの深さと長さは現物合わせを覚悟した方が良いです。この形が適合するストラト存在するの?

現物に合わせてヒールを削って仮組みした図。22Fの先が尺余りで気持ち悪かったのでそこも後で削った

でまあ仮組みしたのがこの状態。柾目が出て雰囲気良くない?

ただネックとボディの組み込みで神経使ってドリルでネジ開けたり、何度もネックポケットと合うようにヒールを削ったりしたのが面倒くさかったので、1万円出して買うものじゃないと思った。万が一ストアの説明が嘘だったりネックポケットの調整に失敗したら目も当てられない。

1年間使ってみて

で、折角交換したものだからと1年間使ってみましたが、実際モノは悪く無いです。
木も乾燥してるのか、ストレートな状態を維持しています。
もし「Jescarのステンレスフレットを売ってある交換用ネック」みたいなのが同じような値段で出てたらネタに買うかもしれない、くらいの満足度でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする