Aliexpress縛りで自作スピーカーを作ってみる(2)スピーカーユニット購入編

今日はエイプリルフールですね。嘘で気持ちよくなると本当の嘘つきになっちゃいますよ?

さて、今回はスピーカーユニット選びまで進めます。

スピーカーユニットを買う

スピーカーづくりに関して、大まかに完成までのフローを挙げると次の通りになります。

  1. 大まかなデザインを決める
  2. スピーカーユニットを選ぶ
  3. スピーカーユニットの特性にあった容積になるようデザインを修正する
  4. 組み立てる

スピーカーづくりに関して、スピーカーユニット(電気信号を音に変換する部品)自体の設計や商品開発としてのトライアンドエラーをできない趣味スピーカー製作においては、デザインを大まかに決めてガバっと組んでしまうのが良いかな…と思い、”とりあえず”ユニットの注文だけしてしまうことにしました。

スピーカーのデザイン

とりあえずのデザインがこれ(大学時代に作った3インチくらいのものユニットのデータがあったので流用)。
イメージとしてはLINNのNexusとか、Onkyoのブックシェルフスピーカーを意識しています。(いずれもバスレフ型ですが、これは底面にパッシブラジエーターを入れるので左右にも抜きを入れるようなイメージです。)

ともあれ、2Way(スコーカー、ツイーターの2個のスピーカーで鳴らす)が良いと思いAliexpressでスピーカーユニットを探し始めます。

前提としてあるパッシブラジエーターを検索してみると、168件の検索結果のうち、GHXampという業者の品物が多くを占めることがわかりました。

GHXampについて

GXHampについてはgoogle、baiduでもAliexpressのストアしか引っ掛からないので、OEMとしても完全に謎の業者、というのがわかります。

また、スピーカーユニットのラインナップとしては、「GoogleHomeや、その他電化製品に取り付けられるリプレイスメント向けスピーカー」を主に扱っているようで、商品説明にも社名や製品名が載っている事が多いです(が、OEMとして実際の製品に使われているわけではないのでご注意)。
スピーカーユニットの単品売りというニッチな市場としては、面白い生存戦略だと思います

これを踏まえると、扱っている商品の質は「悪くない」感じがします。

※悪くない理由としては、スピーカーのパーツラインナップが非常に充実度していることや、ストア全体の評価が4.8以上あることから、それなりに信頼されていると思うためです。

しかもユニット単体の価格はかなり安い。3インチのフルレンジスピーカーならペアで4,000円とか、それ以下の価格帯のラインナップなので、感覚的には自作低価格オーディオの鉄板として挙げられるTangband(参考:コイズミ無線)の更に半額です。

……まあそんな美味しい話はないので、驚異的なコスパを誇るTangband社製のモノより劣るのは覚悟して、聴いて気持ちよくなれるくらいのものが出来れば良いな~くらいのスタンスで行きます。高望み厳禁。

丁度Aliexpress創業セールでこのストアもちょっとディスカウントをしていたので、セール終了に駆け込んでユニットを適当に見繕ってみました。

スピーカーユニットのオーダーシート

上から順に追っていきますね。型番が無いのが辛いのでスペックはメモを取らないといけません。

インピーダンス: 4Ω
出力: 20W
ユニット直径: 78mm
ネジ穴の距離: 90mm
スピーカー穴直径: 70mm
ユニット高さ: 40mm
マグネット直径: 60mm
弾丸のようなツヤツヤが見えるこれは、いわゆるポリプロピレンコーンと呼ばれるもので、きらびやかな高音が特徴といわれています。
商品説明に For JBL Speaker って書いてありますが元ネタ不明。1ユニットあたり1,381円
High-frequency sound soft, vocal singing have feelings, long listening to,
high and low frequency is very average. DIY must.
Impedance: 8 ohms
Power: 20W
Speaker front diameter 77MM, diagonal hole from the 88MM,
説明文の限りでは、「低音よく出るよ!ボーカルにも良いよ!DIYに最適だよ!」という事のようで。
ネジ穴の台座がくぼんでいるのは、Altec ITM800というiPod向けのスピーカー向けのデザインが理由っぽい。1ユニットあたり1,408円

これはパッシブラジエーター。

2.75 inch speaker passive radiator auxiliary woofer
Speaker outer diameter :70MM
Diagonal screw hole distant:82MM
Open Installation hole distant:62MM.

パッシブラジエーターをスピーカーに組み込むための設計に関して多くのことは知らないのですが、鉄則として「パッシブラジエーターはスピーカーユニットの振動部分の面積より小さくなければいけない」というものがあります。

理由としては、パッシブラジエーターを十分に振動させる場合の空気の量は、そのパッシブラジエーターの振動によって生み出されるものよりも大きくなければいけないからです。

(∵スピーカーの生み出す空気振動がバネのように動く時、パッシブラジエーターは密閉された箱の中でその振動を全て受け止める場合、そのスピーカーの振動する空気の量(=面積に比例)がエネルギーになる)

1ユニットあたり432.5円

パッシブラジエーター2つ目。

Speaker outer diameter :102MM
Diagonal screw hole distant:113MM
Open Installation hole distant:94MM-99MM.
ユニット高さ: 58mm
早速上のルールを破ってしまいました。まあそんなもんでしょう(何が)
1ユニットあたり541円

JENSENについてそうなツイータースピーカー。

Panel size 51mm * 51mm, Diagonal hole: 60mm,
Parallel :42mm,
Opening Hole :34mm,
3インチのフルレンジに付けるようなツイーターじゃないな…と思いつつも迷うのが面倒だったので買ってしまった。後悔はしている。

1ユニットあたり542円

例のセールで上記価格から1,100円くらい値引きされて、合計8,062円でした。

ペアで2個のスピーカーが作れるほど買って8,000円なんて、良いスピーカーユニットの単品未満ですよ?

重ねて自戒したい>高望み厳禁

次にやるべきはスピーカー製作のための木材、配線、2wayネットワークの購入!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする